2016年4月7日

掃除機 / 一人暮らしの家財

これから一人暮らしを始める方の参考にはならないような気がしますが、こんなのを使っています、というのをその理由とともにご紹介しようと思います。

今回は、掃除機です。

使っているのは東芝の一番安い紙パック式の掃除機です。
安いのなので、ヘッドにゴミを掻き出すローラーは付いていませんし、持つ部分からヘッドまでの長さ調整もできません。
お金を出すと、このあたりが良くなっていくのですが、そんなにお金を掛ける気も無くて。
ですので、ここ以降の内容は高いものですと変わってきたりもします。

通常タイプ vs ハンディタイプ
ハンディタイプの方がコンパクトで置き場所の確保的には有利なのですが、吸引力が落ちてしまいますので、通常タイプを使っています。

紙パック式 vs サイクロン式
面倒くさがりな私は、紙パック式一択です。
サイクロン式って、ほぼ掃除のたびにゴミ出しをしてあげないといけないのです。
しかも、安めのは埃が詰まりやすい! ここまでゴミが入りますの目印まで入ることなんてまずありません。
あの目印は、大きめ(米粒とか)のゴミばっかり吸っていた場合のもの。
普通に埃を吸っていると、すぐに埃がフィルターに詰まります。お金を出せば、このあたりは解消されるんでしょうけど。
あと、ゴミ箱の口が掃除機のゴミ捨て用の口より大きくないと、ゴミ捨て時に散らかってしまいます。

紙パックは
私は、純正の一番安いタイプの紙パックを使用しています。
5枚入りで600円くらいです。
サイズがきちんと合うように作られていますので、紙パックの外を汚しにくいので。
また、小まめに変えています。
3ヶ月に1回が目安です。1/4もゴミがたまっていない状態です。
いろんな機能が付いたお高い紙パックを長く使うより、安いのを小まめに買える方を選びました。
このくらいでしたら、吸引力も落ちませんし、変なにおいがしてくるレベルにもなりませんし。

ロボット掃除機は……
そんな面積ありませんから。
使っている方は楽って言われます。
でも、しょっちゅうテーブルの脚の段差に引っかかって止まっているとか、玄関からずっとフラットな場合はこれ以上行くなの装置を起動させておかないといけないとか、とも言われてます。


掃除機でこんなことがありました
ヘッドの部分に犬の毛が絡まって吸引力が大幅ダウン。
一人暮らしを始める前ですが。
ポメラニアンを室内飼いしてました。その子の毛がね、ヘッドのローラーとか吸引口の部分に絡まって、塊になってました。
吸引力が落ちたら、まず紙パックを疑いますが、交換しても効果なしで。
ヘッドの部分を見たら、こんなところに詰まってた、と。

ローラーを外して、掃除して、吸引口にたまっていたのは割り箸で取り出して。
掃除機の掃除が大変でした。

室内飼いのペットの毛(特に長めの場合)は要注意です。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿